〜 診療内容 〜
わんにゃんドック(精密検診)

わんにゃんドック(精密検診)

わんにゃんドック20,000円
追加オプション胸部オプション5,000円
腹部オプション4,000円
眼オプション4,000円

※ホルモン検査、その他の検査は別料金となります。詳しくはお気軽にお問合せください。

健康診断との違いは、検査項目を増大させたことにより、年齢と共に発生するリスクが高くなる病気を探索及び発見し、早期に治療を行うプランを立てることができます。主な病気としては、腫瘍、心臓病(特にワンちゃんでは僧帽弁閉鎖不全症、ネコちゃんでは心筋症が多いです)、腎臓病、ホルモン性疾患などです。病気を鑑別及び精査するため、全ての検査をすることは望ましいですが、費用が相対的に多くかかってしまいます。当院では、検査項目として、ワンちゃんでは甲状腺機能低下症、ネコちゃんでは心筋症が多く分かりにくいため、鑑別するためにわんにゃんドックの中で、精査することにしました。特にシニア期を迎えたワンちゃんネコちゃんの健康を守るために、とても分かりやすい検査ですので、お勧めしています。

わんにゃんドックの検査項目

■ 健康診断共通項目

身体検査測定項目 体重・体温・心拍数・呼吸数
聴診(心臓、肺の音及び腹部内の音を聴き、異常の有無を調べます。)
視診(眼、耳、歯及皮膚などを見て、異常の有無を調べます。)
触診(関節、骨及び体表、腹部内などを触り、異常の有無を調べます。)
血液検査CBC(赤血球、白血球、血小板の数を調べ、貧血、感染症、止血異常のリスクを判定。)
血液化学検査(肝臓、腎臓などの臓器の働き及び栄養不良、代謝異常(糖尿病など)。)
尿検査試験紙検査(尿の性状10項目を測り、糖尿、蛋白尿、尿PH、潜血、炎症などの異常の有無を調べます。)
比重(尿の濃さを測り異常の有無を調べて、腎臓の機能をチェックします。)
沈査(尿を顕微鏡で観察し、異常の有無を調べます。)

■ わんにゃんドック専用項目

体脂肪率体脂肪の割合を調べます。
レントゲン検査胸部及び腹部を中心に、レントゲン上で異常の有無を調べます。
便検査便中で異常の有無を調べます。
甲状腺機能検査(犬のみ)年齢とともに発生リスクが高くなる「甲状腺機能低下症」を早期に発見するために、甲状腺ホルモンの分泌能力を調べます。
心臓バイオマーカー検査(猫のみ)年齢とともに発生リスクが高くなり症状のみえにくい「心筋症」を早期に発見するために、ナトリウム利尿ペプチド値を調べます。

わんにゃんドックの追加オプション

わんにゃんドックと同時に実施できるさらに詳しい検査もおすすめしています。

■ 胸部オプション

心電図心機能及び不整脈の有無を調べます。
血圧測定三回血圧を測り、平均値を調べます。
胸部超音波検査主に心臓の構造及び血流の異常の有無を調べます。

■ 腹部オプション

血圧測定三回血圧を測り、平均値を調べます。
腹部超音波検査腹部内の臓器及び血流の異常の有無を調べます。

■ 眼オプション

スリットランプ、レンズ検査眼を直接見て、異常の有無を調べます。
フローレス、シルマー涙液試験専用試験紙を用いて、異常の有無を調べます。
眼圧検査眼圧の異常の有無を調べます。
     

診療内容トップへ戻る